愚かなる独白

愚かなる独白

ろくでなしの雑記

サイコパスに関する勘違い

f:id:utakahiro:20160125193116p:plain

 

ネットでサイコパス(精神病質)について調べているとよく感じるのが、サイコパスを連続殺人鬼や精神異常者、所謂「サイコ」のように感じている人がいるということ。

それは大きな勘違いである。

 

サイコパスというのは、そのほとんどが殺人などの犯罪をする凶悪犯ではなくて、身近に潜む異常人格者のことである。簡単に言うと「めっちゃ性格の悪い奴」のことだ。

100人に1人の確率でいると言われるサイコパスだが、ほとんどは普通に社会生活を送っている。なのに何故か、サイコパス=殺人鬼などの犯罪者という公式が成り立っているらしい。あろうことか、「サイコパス=殺人鬼」が本当であり「身近に潜む異常人格者がサイコパス」というのは間違った解釈だ、とまで言う奴までいた。逆、逆。

 

恐らく、ほとんどの人は「サイコパス」と「サイコ」の区別がついていないのだ。

サイコパス」は心理学用語で、「サイコ」は頭のおかしい人の俗称である。

多分、猟奇殺人鬼の事を指す「サイコキラー」と混ざって解釈しているのかもしれない。

サイコパス」は異常人格者を指す心理学用語で、「サイコキラー」は猟奇殺人鬼を指す。実は全く違うものである。

 

ただ、偶然両方が重なる場合もある。そしてそうなった場合メディアに取り上げられて有名になるのでサイコパス=殺人鬼と勘違いしてしまっても仕方がない気もする。

 

日本で有名なサイコパスの殺人鬼といえば、北九州監禁殺人事件の犯人である松永太だろう。

北九州監禁殺人事件 - Wikipedia

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)

 

 

サイコパスについての初心者でも読みやすい書籍は

診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち (ハヤカワ文庫NF)

診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち (ハヤカワ文庫NF)

 

 

良心をもたない人たち (草思社文庫)

良心をもたない人たち (草思社文庫)

 

 

サイコパス -冷淡な脳-

サイコパス -冷淡な脳-

 

 個人的には『サイコパス-冷淡な脳-』がおすすめ