愚かなる独白

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚かなる独白

ろくでなしの雑記

キャラクター作りが好きな奴

f:id:utakahiro:20160314224228j:plain

  

 キャラクター作りが好きな人がよくいる。キャラクターを作って設定を決めて、そのキャラをどうやって動かすのかを想像して遊んでいる。

 しかし、漫画や小説などの物語において重要なのはストーリー展開だ。小説家や漫画家を目指している人がストーリーを作れないのでは話にならないと思う。

 

 もちろんキャラクターも大事だ。特に漫画などの視覚的に楽しめる物では、キャラは重要な役割を担う。つまりキャラが良いという理由で売れることがあるのは漫画だ。例えば『ワンピース』のようにキャラが沢山登場して、デザインもこだわって作っている作品は、キャラそれぞれのファンもつき、他のビジネスに繋げやすい。

f:id:utakahiro:20160314224316p:plain

 

 だがそういったキャラが大事な漫画でさえ、ストーリーが陳腐だと評価をもらえない。特に色んな作品に触れてきた人ほどそれでは誤魔化せない。逆にキャラがたっていなくても、ストーリーの面白さで読ませることができる。というより、ストーリー展開が良ければ、普通のキャラでもそいつが面白く見える。

 読者はキャラを見たいのではなくてストーリーを見たい。そしてその上で人物がどう動くのかを見たいのだ。だから大事なのはキャラの設定より、キャラの動かし方だろう。

 

 

f:id:utakahiro:20160314224614j:plain

 人間の性格は決まったパターンしかない。今までの人類にはいない新しい性格の人が今更誕生することはないだろう。もし生まれてきても、何かしらの障害があるとみなされる可能性が高い。

 

 そしてフィクションの世界は今まで数多くあり、主役も脇役も含めて様々なキャラクターが登場した。ということは、もうほとんどキャラが出尽くしたと言ってもいい。新しいキャラに見えても似たようなキャラはすでにいるのだ。それでも新しいキャラを無理やり作ろうとすれば、矛盾したキャラになってしまうはずだ。例えば「暗い性格なのに、積極的」とか「大雑把なのに、合理主義」などのようにだ。

 作者がギャップを出すために意識的にそうする場合もあるが、それをするなら何故そうなのかという必然性、つまり論理がなければならない。でも作者が理解せずに無意識でやってしまうと、それは軸がぶれていてはっきりしない中途半端なキャラ。つまり魅力がないキャラとなってしまう。

 

 キャラはすでに出尽くしている。新しく無理に作り出すのは不可能。

 だからキャラクター作りに重点を置いてもあまり意味がないのだ。それよりも、極端に言えば、ストーリーに合ったキャラを見繕って作って、あとはそのキャラを矛盾がないように動かせるかどうかに気を使った方がいい。

 

 

f:id:utakahiro:20160314224753j:plain

 例えば漫画『ハンターハンター』や『幽遊白書』の作者である冨樫義博氏は、キャラの言動を決める時、キャラクター同士で漫才のように会話をさせる。そしてその会話に違和感がないように修正して作っていくらしい。

 

 はっきり言って、冨樫氏の作るキャラは、デザインで言えばそこまで優れていない。服装もほぼ適当に決めたのではないかと思えるほどだ。だがキャラクターが魅力的に見えるのは、はっきりしていて矛盾がないからだ。読者に「こいつだったらこういう行動をとるだろう」と思わせるだけの説得力があるからだ。

 そうするだけでキャラクターに深みが出て、楽しめる。

 

 つまり、一々設定を作りこまなくても、性格さえ決めてしまえば後のことは論理的に考えれば大体決まってくるのだ。この性格だからこのルックス。この性格だからこういう行動。というように。

 

 

 おそらくキャラクターの設定決めに必死になっている人は遊んでいるだけなのだ。これは僕が前に書いた以下の記事に通づるものがある。

utakahiro.hatenablog.com

 設定にやけにこだわるのは作者の自己満足でしかない。それをエンタテイメントとして物語のなかに落とし込むことができなければ意味がないのだ。だったら「面白くするための設定」を考えて、どうやってそれを作品に反映させるのかに気を使った方が何倍も良いと思う。

 

 

 そもそもストーリーを作るのが好きではないのなら、創作に向いていないと言わざるを得ない。

 そしてキャラクターを作るにはやはり人間を知らなければならない。人をよく観察して深く物事を考えられなければ、良い作品は作れないのだろう。

 

 

 

 

 

漫画だとデフォルメされて大丈夫なことも小説だと無理が出てくるからなぁ…

あ、あとデザインに関しては別の話ですよ。それはセンスの問題だろうから