愚かなる独白

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚かなる独白

ろくでなしの雑記

『感動する!数学』を読んだ

感動する!数学 (PHP文庫)

 

 

 特に数学に興味があるわけではなかったが、なんとなくこの本を手に取った。

 

 一言で言うと、そこそこ面白かった。暇つぶしにはなるだろう。

 

 しかし、題名には「感動する」と入っているが、別段感動することはなかった。まあタイトルに難癖をつけても仕方ない。読んでいて、確かに「へぇ」と頷くようなことはある。それがこの本の目的なのだから問題ない。

 

 数学というのは一般的に嫌われる学問だ。何故なら、数学とはその名の通り、数字を扱う学問で、直感的に理解しづらいからだ。絵が浮かんでこないという感じか。そして多くの人は数学に対して、無機質で冷たい印象を抱いている。

 だがこの一冊は、そんな数学の冷たいイメージを覆してくれる。

 

 数学の本と言っても、簡単で、非常にわかりやすい。中学生でも読める。漢字が読めれば小学生でも大丈夫だ。

 

 内容はと言うと、数学のトリビアのようなものを扱っていて、例えば

「数学とはこういうものですよ」とか

「数学の世界にはこんなエピソードがありますよ」とか

 誰でも理解出来るように説明してくれている。

 

 そしてこの本のいいところは、数学の世界に出てくる数字を、人間に身近な、抽象的な概念に照らし合わせて語っているところだ。例えば「愛」だとか「美」だとか「幸せ」などのようにだ。

 それによって、数字が温かみのあるものに見えてきて、もう少し深く数学を勉強してみようかという気にさせられる。

 

 この本の目的はそこだ。数学に興味を持ってもらうことだ。つまり目的をある程度達成できているという意味で「良い」本だと言える。

 

 だが逆に、数学の基本的な知識をなぞっただけの内容であることから、数学が好きな人には向かない。読んで得られるものは特にないだろう。あるとすれば、著者が数学を愛しているということと、数学に興味を持ってもらいたいという熱意だけだ。

 

 だが、数学に興味のない人はそれなりに楽しめると思う。

 特に数学が全くわからないという人に向いている本だから。

 

感動する!数学 (PHP文庫)

感動する!数学 (PHP文庫)

 

 

でも僕は多分数学を勉強しないだろう。