愚かなる独白

愚かなる独白

ろくでなしの雑記

『思わず話したくなる!数学』を読んだ

思わず話したくなる! 数学 (PHP文庫)

 

前にこのブログで紹介した、桜井進さんの『感動する!数学』シリーズ。

utakahiro.hatenablog.com

 

タイトルは『感動する』から『思わず話したくなる』になってはいるが、内容が大きく変わったということはない。『感動する』の方では、「数学ってこんなんだよ」とか「いろんな数学者のロマンがあるよ」ということを教えられたのに対し、『思わず話したくなる』の方では、もう一歩入り込んだ、数学に関する知識や軽い歴史のようなものが説明されている。

 

そのタイトル通り、思わず人に話したくなるような数学に関する豆知識が披露されており、わかりやすく簡潔にまとめているのは、まさに数学らしいと言えるかもしれない。

 

この本を読んで、自分の周りのあらゆることには数学が使われているのだと改めて思わされた。

音楽なんかにも数学が関わっていて、数学なしには音楽はなかったのだ。

よく「数学を知れば世の中の心理がわかる」と言うが、それも本当だろうと実感した。

 

数学にまったく興味のない人が読んでもそれなりに楽しめるが、それだと少々理解しづらいことがあるかもしれない。いや理解はできるが、理解するのが面倒くさいと感じるかもしれない。だがちゃんと理解して読むと感心することも多いし、ちょっと人に自慢してみようかという気になる。

 

面白いか面白くないかと問われれば、数学嫌いの人からすると面白くないだろう。もし「数学が全然わからないけど数学に少しでも興味がある」という人には向いている本だと思う。

逆に詳しくて数学が好きという人には向かない。これは初心者向けの本だから。

 

思わず話したくなる! 数学 (PHP文庫)

思わず話したくなる! 数学 (PHP文庫)

 

  

感動する!数学 (PHP文庫)

感動する!数学 (PHP文庫)

 

 

そういえばこのシリーズあともう一冊持ってんだよなぁ