愚かなる独白

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚かなる独白

ろくでなしの雑記

物語の終わらせ方と幼稚化する大人

小説 映画 漫画

f:id:utakahiro:20160419154239j:plain

 

 

 物語の終わり方で、すっきり終わるタイプか、含みをもたせて終わるタイプか、読者や観客に解釈を任せるタイプなど色々ある。以外と多くの人は、すっきり終わらしてほしいと言う。すっきり終わらないのは作り手の逃げだ、とまで言う人もいる。しかし、終わらせ方というのは、その物語によって正しいもの間違っているものというのがあるように思う。一概に、すっきり終わるのが全て正しい、なんてことはないはずだ。
 
 そもそも「すっきり終わる」というのはどういうことなのか。すっきりするかどうかは個人の主観であり、絶対的な基準なんてない。つまり、すっきり終わらないのがダメだと言う人は、言い方を変えれば「自分が納得出来る終わりかたじゃないからダメ」と言っているのだ。

 もし物語を完全にすっきりきっぱり終わらしてしまったら、その物語はそこで完全に終わってしまう。例えば漫画『ワンピース』だったら、連載が終わると紙面上でのキャラクター達の活躍は描かれなくなる。だが、ルフィ達が死なない限り、彼らの人生は続いていくはずだ。それすらも完全に描ききって終わるのは時間的にも難しいし、本来その漫画で描きたいことからぶれてしまう可能性もある。だから本当の意味ですっきり終わらせるというのはそう簡単に出来るものじゃない。

 含みを持たせる方が広がりがあって、寧ろすっきりする場合もある。すっきり終わらせるにはどうしても閉じていかなければならない。閉じるというのは別にマイナスな意味ではなくて、物語上閉じていくという話だ。全てが完全に収束しないと終われないからだ。
 人間は、想像している時は際限なく膨らみ、現状を把握しきれないからこそ、恐怖を感じたり心踊ったりする。だが実際に目にしたり、全てを把握してしまうと、急に「あぁそんなもんか」という気分になる。見た瞬間はテンションが上がるかもしれないが、人間のテンションは持続しないのでいずれ収まり、そのうち慣れる。すると記憶の中ではもう大したことではなくなっている。だから壮大な話を描いた大作で、終わるときに含みを持たせて、記憶の中で風化してしまわないようにする効果もある。

 あとは何と言っても、目的の問題だろう。物語にはそれぞれの目的がある。恋愛だったらときめかさせたいし、ホラーだったら怖がらせたい。アクションだったら興奮させたいし、SFだったらワクワクさせたい。このような目的によって終わり方も当然正しいアプローチがある。ホラーは怖がらせるのが目的だから、最後の終わり方も、わざとすっきりしないようにして恐怖を煽るのだ。人間は理解できないものに対して恐怖を感じる習性があるので、色々想像させて怖がらせたいのだ。

 読者の解釈に任せるタイプの作品について。例えば問題提起をすることが目的なら、答えを示さなくても大丈夫だろう。「よく考えさせられる作品でした」こう感じてもらう為に作っているのだから別に答えを示す必要はない。宮崎駿も言っていた。答えのあるものを作りたくないと。だから宮崎作品には明確な答えが示されないことが多いのだ。

 物語にはその物語の目的があり、正しい終わりかたというものがあるのに、自分がすっきりしないからと言ってその作品を貶すのは幼稚だ。
 世の中は便利になり、コンテンツに対して規制が厳しくなり、色々なものがプロテクトされて、大人の人生でさえも”子供から見た世の中”のような状況になった。子供は、親や先生に守ってもらって、ハードな暴力や性描写のあるコンテンツは見れないし、学校では性善説が前提であり、表面上は綺麗に作られた偽物の世界だ。
 いつしか大人の世界もそうなってしまったらしい。大人向けの作品で暴力描写は規制され性描写も規制される。そしてAVだってチンコにモザイクがかかっていたりする。今目の前で握っているものに何故画面上でモザイクがかかっているのか全く理解できない。そうやって何でもかんでも気持ちのいいものしか目に入れないように国が御節介すると、いつしか人々が幼稚化したのだ。


「自分の見たいものしか受け入れたくない」
「自分の見たくないものは見たくない」

 それに対して疑いもせずに、寧ろ正しい態度だと言わんばかりに主張する奴もいるから驚きだ。『26世紀青年』という映画があったが、あの状況になるのも時間の問題かもしれない。いや、もうなってるか。

 

26世紀青年 [DVD]

26世紀青年 [DVD]

 

 

 

「感情」から書く脚本術  心を奪って釘づけにする物語の書き方

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方

 

オタクなんかもそうで、主人公が天才だったり女からモテまくったりして、なるべくストレスのない展開にしないと怒るらしい笑