愚かなる独白

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚かなる独白

ろくでなしの雑記

映画『第9地区』レビュー

映画

第9地区 [DVD]

 

www.youtube.com

 

 

80点


設定はよくありがちな「地球にエイリアンが来た」というものだが、ストーリーも視点も斬新。ただのB級SFだと思ってスルーしてる人はもったいない。

まずキャストが知らない人ばっかりで、ドキュメンタリー風に撮っていることとマッチしていた。
「主人公こいつかよ!」てみんな思ったっしょ?
あんなの他の映画だったらすぐ死ぬ感じだもんね。

最初はエイリアン(通称エビ)が、品性下劣で気持ち悪くて、あんなものが地球に滞在して生活してたらそりゃ嫌だろと誰もが思うはず。
僕は友達と観ていたのだが、全部殺せばいいじゃんと一緒に言っていた。
でも途中からいきなりエビの親子視点に変わる。すると今度は人間のひどさがわかるようになり、いつの間にかエビに同情している自分がいた。
この作りは非常に上手い。

本作は明らかに差別や移民問題などをテーマに扱っているが、その扱い方が巧みだ。おそらくこれを観た人は、人間死ねよと思った瞬間もあるのではないか。
だけど全体としてはユーモラスに描いているので重くなりすぎない。そこが素晴らしい。

確かにディティールのツッコミどろこはあるのかもしれないが、それも気にならないくらいに引き込まれた。

クライマックスのエビと共闘する展開はめちゃくちゃ熱い!やっぱ友情っていいよね。


ちなみにあんま関係ないけどラストカットが怖いと思ったよ。なんかホラー的な。



地球上のあらゆる問題を皮肉を込めて扱いながら、純粋に楽しめるようにエンタメとして仕上げている作り手は正直マジで凄いと思う。
作り手は相当考えて作っていると思うし、ナメてかかってたらダメよ。これほんと結構凄い映画だから。

第9地区 [DVD]

第9地区 [DVD]

 
The Art of District 9: Weta Workshop

The Art of District 9: Weta Workshop

 


「何でエビと会話できてんだよ」 って? ハートで会話してんだよ!