愚かなる独白

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚かなる独白

ろくでなしの雑記

『シン・ゴジラ』観てきたけど……

映画

f:id:utakahiro:20160901115244j:plain

 

 

www.shin-godzilla.jp


  ずっと観たいと思っていたんですが、忙しくてなかなか時間がとれず観れなかった『シン・ゴジラ』ですが、先日、友人と観に行ってきましたよ。

 感想は一言で、「面白い」ですね。

 ほとんど情報を入れずに観ました。レビューや評論とかも全く読んでなくて、評判が良いということくらいしか知りませんでした。

 正直僕はゴジラに対して思い入れはないのです。そりゃ当然。世代的に怪獣映画を見る世代じゃないですからね。ましてや特撮なんて全くです。物心ついたときからCGですよ。CGバンザーイ!

 で、今回のゴジラは特撮っぽいCGということで、安っぽいんじゃないかなぁ、と危惧してたんですが、全然そんなことなかったです。作り物っぽいゴジラが東京の街に立っていると、異形感があって逆に良かったと思うくらいでした。

 ゴジラが完全体になる前の、第二形態は、とにかく気持ち悪すぎて最高でしたね。ブルブル、ブシャー!みたいなあの感じね。

 僕はゴジラを人間の味方のように描いてほしくなかったんですよね。怪獣って本来恐怖の対象じゃないですか。だからゴジラも絶対的な恐怖の対象として描いてほしかった。だから初代はおいといて、他のゴジラ映画はイマイチ納得していなかった。ゴジラがアイコン化して、ただのいちキャラクターになっているのが嫌でしたね(ゴジラに思い入れないくせに)。

 だが今回のゴジラはとにかく怖い。徹底的に恐怖の対象として描かれていました。中盤ゴジラがキレて火を噴く場面の絶望感は、まさに僕が求めていた光景でした。観てて悲しくなってくるほどの圧倒的絶望感。あれはやっぱりエヴァイズムなんでしょうかね。

 途中明らかにエヴァの曲とか使ったりして、セルフパロディ的なこともやってましたけど、そこでも上がりました。あの曲マジで好きだわ。

 演出面でもここ最近の邦画の中では、というか洋画も合わせても優れている方だと思います。石原さとみの役の過去とかを、説明せずに想像させるような演出が、まさに映画的で心地よかった。今までの邦画だと全部セリフで説明してしまっていたところですからね。

 内容も子供ではわからないような政治的なやりとりばかりでしたが、本来ゴジラのような舞台が「日本」や「世界」となる場合には、政治の問題が必要不可欠で、そうなると大人向けの内容にならざるを得ないわけで、その意味で今回のゴジラは子供を無視した作りでさすがだなと思いました。

 キャラクターに対する感情移入描写がないのも良かったところです。深く掘り下げない。今行われていることに集中して映画内でそれを語る。そういうシンプルさがスッと入っていけた理由かもしれません。

 こういうのって意外と大事なんですよね。観客はストーリーが見たいわけで、キャラクターの過去なんかほとんど興味がない。シン・ゴジラの場合も、ゴジラをどうするのかを見たいだけで、キャラクターの家族がどうとかそういうのは邪魔なだけ。だからシン・ゴジラでは「スマホの壁紙を家族の写真にしているのを写す」という方法で、そのキャラが家族を大事にしているということを想像させるのです。

 地震原発事故のメタファーだと思わせるような示唆に富んだ描写の数々によって、いろいろな見方ができるところもヒットした理由だと思います。

 まあとにかく、僕が一番気に入ったところはやはりゴジラそのものですよ。あの生物なのかなんなのかわからない、深海魚のような異様なルックスが最高ですよ。気持ち悪いけど格好いいって感じかな。光線を吐くところの口の開き具合とかヤバイからね。

 ということで、映画館からの帰りのエスカレーターで足の綺麗な女がいてずっと見て家帰ってから◯◯ったわ。

 

 石原さとみ、思ったより悪くなかったじゃん。