愚かなる独白

愚かなる独白

ろくでなしの雑記

福山雅治の主演映画!今度はセクシーなパパラッチ役!

f:id:utakahiro:20160904161638j:plain

scoop-movie.jp 

 

大根仁監督、福山雅治主演で撮影された映画『SCOOP!』が、10月1日に公開!

日本一セクシーで、日本一撮られない男福山雅治が、今度はパパラッチ役を演じる。
監督は『モテキ』『バクマン』の大根仁で、出演者は二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一リリー・フランキーと豪華キャスト。

公開された話題のポスターは、やたら情報量の多い週刊誌のようなデザインで、”楽しそうな映画感”がガンガン伝わってくる。ゲスいもの好きな客が見たくなるような秀逸なポスターデザインだ。

f:id:utakahiro:20160904163219j:plain
出典:https://www.toho.co.jp/movie/lineup/scoop-movie.html


芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかけ回すカメラマンと記者の物語で、原作は1985年製作の『盗写1/250秒』という映画だ。

f:id:utakahiro:20160904165143j:plain

 

『SCOOP!』のストーリー

f:id:utakahiro:20160904165951j:plain
出典:http://www.cinra.net/news/20160512-scoop


今まで数々のスクープをものにしてきた凄腕のカメラマン都城静(福山雅治)は、過去のある事件をきっかけに報道写真への情熱を失ってしまう。その後静は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身。そこから何年もの間自堕落な日々を過ごしていたが、ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」の新人記者、行川野火(二階堂ふみ)とタッグを組まされる羽目になる。ケンカばかりの静と野火だが、この二人が独占スクープを連発。そしてついに、日本全土を揺るがす大事件が発生する…。

f:id:utakahiro:20160904171400j:plain
出典:http://www.cinemacafe.net/article/2016/07/29/42302.html


今回福山雅治は役作りのために髪を伸ばしてヒゲを生やし、いつもとは違う、アンニュイな雰囲気を漂わせるセクシーな男になっている。本人も、ずっと演じてみたかった役柄だと言っており、どんな姿を見せてくれるのか非常に楽しみだ。

 

主題歌には福山雅治がギターのみで参加

f:id:utakahiro:20160904172448j:plain
出典:http://natalie.mu/music/news/196132

今回映画の主題歌では、”TOKYO No.1 SOUL SET feat.福山雅治 on guitar”というコラボレーションが実現。TOKYO No.1 SOUL SETが歌う主題歌「無情の海に」でギター演奏を担当した。福山は「ギターのみでの参加、うれしすぎます!」と喜びをあらわにしているようだ。

レコーディングは、電話で何度もやり取りを重ねながら、SOUL SETが制作をした音源に福山がギターを重ねる形で行われた。80年代ディスコ風がテーマで、ディスコに行ったことのない福山にしてみれば難解だったようだ。しかし、SOUL SETの川辺は、素晴らしい一曲ができたと自負している。

この主題歌は、9月28日発売の「『SCOOP!』 オリジナル・サウンドトラック」(24曲予定)に収録されている。

 

この映画は期待できるぞ!

f:id:utakahiro:20160904174545j:plain
出典:http://www.cinemacafe.net/article/img/2016/07/29/42302/234222.html

監督の大根仁は前回『バクマン』を撮った。あれは漫画原作の話であり、正直あまり期待はしておらず、公開されてからネットで評価を見ても、やはり「あんなのはバクマンじゃない」といって叩かれていた。だがその後僕はバクマンを観て驚いた。期待とは裏腹に面白かったのだ。漫画原作を何も考えずそのまま再現しようとはせず、あくまで映画的に表現していたし、長く地味になりがちな題材の作品を工夫と熱意によって優れたエンタメ作品に仕上げていたと思う。監督自身、漫画が好きなんだというのも伝わってきたし、すごく手間のかかることをキチッとやっている誠実な人だと思った。なので僕の中で大根監督は”ある程度期待してもいい”監督ということになっている。

そして福山雅治だが、僕は個人的に福山雅治の演技は好きではなかった。イケメンすぎるのが原因なのか、映画に出てくるといつも浮いており、チャラくて浅い感じがして、所詮テレビの人なんだと思っていた。しかし2013年製作の『そして父になる』あたりから演技に深みが出たような気がする。それは歳を重ねたおかげなのか、演技の勉強をしたのかわからないが。

僕が演技について語るのはおこがましいが、とても映画的な雰囲気を醸し出すようになったと感じる。福山雅治が元々持っていた存在感と映画的な深みが合わさって、物凄い磁力を発する良い役者になったように思う。その福山雅治が今回大根仁監督とタッグを組んだ映画となると、期待せずにはいられない。


『SCOOP!』予告


予告編を見る限りそれなりに面白そうではある。だが尻すぼみになりそうな気もする。でも期待している。公開日に観に行こうかな……。  

 

 

モテキ Blu-ray豪華版(2枚組)

モテキ Blu-ray豪華版(2枚組)

 
バクマン。Blu-ray 通常版

バクマン。Blu-ray 通常版