愚かなる独白

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚かなる独白

ろくでなしの雑記

ヤンキーってよく言うけど、そろそろちゃんと定義しない?

f:id:utakahiro:20161022005541j:plain

よくネットの書き込みで、ヤンキー叩きを見かける。何やら強烈な恨み辛みが滲み出た文面もよく見かける。ヤンキーは全員死ねだとか、更生しても過去の過ちは消えないんだよ、みたいなこと。

そのようにヤンキー(不良)ってよく使われる言葉だけど、実は明確な定義がなく、みんな漠然としたヤンキーのイメージだけで叩いているだけだということに気づいた。

ネットで検索しても『まともな生活をしていない若者』と書いてあったり、不良的なライフスタイル全般を指している用語として書かれていたりする。でもどれも明確な定義とは言い難い。

だからそろそろ『ヤンキー』を定義したほうがいい、というかすげぇ気になってしまったので勝手に定義しようと思った次第です。

ヤンキーは犯罪をしている者を指すのか?と考えるだろうけど、それだったら万引きをした主婦とか、車の事故で他人を轢き殺した人とかもヤンキーに含まれてしまう。だからヤンキー=犯罪ではない。

なら喧嘩をする人がヤンキーか?でも喧嘩くらいみんな子供の時にやってるし、むしろ喧嘩なんて生物の本能だし、そもそも喧嘩をしないヤンキーなんていっぱいいる。だからこれでヤンキーとは言えないだろう。

じゃあ見た目が悪そうな奴がヤンキー?と考えても、そもそも悪そうって感覚自体が人それぞれだし。

こうやって考えていけば、ヤンキーという概念は、表面的なことや、その行動を指す用語として定義するのは無理だ。ならもっと人間の中身に当てはめて考えていけばいいのではないか。

そこで僕が考えたのが、ヤンキーという概念は人間のマインドを指す言葉なのではないかということ。近いところでいうと『体育会系』みたいな。

つまりヤンキーは、反骨精神とか反抗的な態度を指す言葉だと解釈したら結構納得がいく。例えば親に反抗するのもそうだし、先生に反抗するのもそう。学校のルールに従わないのも権威や権力に逆らう気持ちだし、もっと広い目で見れば法律に従わないのも反抗。

それも、一部分だけで反抗するのではなく、常に何に対してもそういう態度の人間をヤンキー(不良)と呼んでいると解釈すればいいと思う。そして一部分だけで反抗したり、実際に態度として出さなくても、反抗したい気持ちがある人の場合は「ヤンキー的な人」という解釈。

ということでヤンキーは、
『反骨精神を持っていたり、常に反抗的な態度をとっている人間を指す用語』
と辞書に書いてください。